2018.8.17 天体撮影ノート

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

撮影地:まるやち湖駐車場 気温:6.9〜4.6度 湿度:99%

BORG 100ED + フラットナー7108 + D810A 690mm/F6.9相当
EQM35 pro + SynScan WiFiモジュール + M-GEN100GSS

GPV、WIndy ともに2時ぐらいまで晴れそうな予測だったので、2台撮りの態勢で撮影地に向かった。Huawei タブレットをリモコンとしてどの程度使えるかのテストも行った。

1)アンドロメダ大星雲
iso2500, 180sec.×8 ディザリング撮影 DSSでスタック処理
さすがに690mmだと迫力がある。

2018.8.17b_アンドロメダ大星雲.JPG

2018.8.12 天体撮影ノート

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

撮影地:自宅前 気温:16度前後 湿度:89〜99%

TAMRON A007N + D810A 24mm/F4
スカイメモRS

ペルセウス座流星群の極大日ながら天気予報では微妙な感じではあったが、23時すぎに晴れ間が広がってきた。撮影地到着時間時点では雲は多かったが、晴れ間の透明度は悪くなかった。

1)ペルセウス座流星群(1)
iso1600,180sec.×1
180s.×10回ワンセットでタイマー撮影を繰り返したうちの1コマ。写真中央やや下のところ、ケフェウス座を横断する流星が写った。

2018.8.12a_ペルセ群流星1.JPG

2018.8.7 天体撮影ノート

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

撮影地:自宅前 気温:不明 湿度:不明

TAMRON A007N + D810A 24mm/F4
スカイメモRS

晴れ間が見えたので急ぎスカイメモRSを持ち出して撮影を始めたものの、15分ほどで曇ってしまった。

1)わし座方面の銀河
iso2500,120sec.×1
アルタイルの滲み具合からすると、多少薄雲がかかっていたのかもしれない。

2018.8.7a_南天の銀河.JPG

2018.8.4 天体撮影ノート

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

撮影地:まるやち湖駐車場 気温:21〜16度 湿度:88〜99%

BORG 71FL + レデューサー7872 + D810A 288mm/F4.1相当
EQM35 pro + SynScan WiFiモジュール + M-GEN100GSS

準備に手間取りスタンバイできたのは22半過ぎだった。それから晴れ間が広がるのを待ち、23:45ごろに快晴となったものの、その先は下弦の月明かりに邪魔をされた。

1)M16とM17
iso2500, 53sec.×1
あたらしいパーツの操作に手間取ってしまった。

2018.8.5a_M16とM17.JPG

2018.7.31 天体撮影ノート

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

撮影地:まるやち湖駐車場 気温:21〜18度 湿度:99%

TAMRON A007N + D810A
スカイメモRS

月出が遅くなった分、薄明後に撮影できる時間は増えた。ただ、日没後にかならず雲が出るパターンは変わらず、なんとか晴れ間を縫って撮影した。

1)はくちょう座付近 24mm F4
iso2500, 120sec.×1
4コマ目にしてようやく120秒露出を確保できた。

2018.7.31a_はくちょう座銀河.JPG

2018.7.24 天体撮影ノート

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

撮影地:まるやち湖駐車場 気温:20〜16.5度 湿度:99%

BORG 71FL + レデューサー7872 + D810A 288mm/F4.1相当
EQM35 pro + SkyFi III + M-GEN100GSS

月没前後に多少雲は出たが、ほぼ快晴が続いた。EQM35 pro の初使用となった。

1)アンドロメダ座 M31
iso2500, 120sec.×5 DSSでスタック処理
71FLらしいシャープな像が得られた。

2018.7.24a_M31.JPG

2018.7.15 天体撮影ノート

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

撮影地:まるやち湖駐車場 気温:21〜17度 湿度:80〜99%

BORG 71FL + レデューサー7872 + D810A 288mm/F4.1相当
Advanced VX + M-GEN100GSS

原村とは思えない蒸し暑さで、南風が生暖かかった。セッティングが終わったころに雲が広がってしまい、まともに撮影ができるようになったころには日付がかわってしまった。薄明開始ごろまで快晴状態だったが、湿気のせいで透明度はいまひとつ。

※周辺像が乱れていておかしいと思ったのだが、レデューサとカメラマウントのあいだに、うっかりと延長筒を入れてしまった。これでは補正レンズの効果が発揮されるはずがない......。

1)たて座M11周辺
iso2500, 90sec.×1
明るい星が滲んでしまっている。肉眼では気づかなかったが薄雲がかかっていたということか。

2018.7.15a_M11周辺.JPG

2018.6.16 天体撮影ノート

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

撮影地:原村自宅前 気温:不明 湿度:不明

BORG 55FL + レデューサー7880 + D810A 200mm/F3.6相当
スカイメモRS

朝から曇だったので撮影は無理だと思っていたが、日付がかわって2時(6/17)ごろから雲の切れ目が広がり、2時半にから30分ほど快晴に近い状態になった。おおいそぎで機材を持ち出し、アングルも適当に、なんとか2枚撮影できた。

1)はくちょう座サドル付近
iso2500, 60sec.×2
サドルからデネブ付近をねらったつもりだったが、うまく入らなかった。もろに電線が入ってしまった。

2018.6.16a_はくちょう座サドル付近.JPG

2018.5.26 天体撮影ノート

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

撮影地:原村自宅前 気温:7度前後 湿度:90%前後

BORG 71FL + レデューサー7872 + D810A 288mm/F4.1相当
スカイメモRS

月齢12の月明かりが残っていたので新しい機材のテスト撮影をおこなった。23:30ごろ快晴に近い状態になったが、眼視で3等星が見える程度の空だった。

1)はくちょう座サドル付近
iso2500, 60sec.×7, DSSでスタック処理
明るいFだと長く露出すると飛んでしまうので、60秒露出で撮りだめた。

2018.5.26a_サドル付近.JPG