アバウトページ

原村に初めて訪れたのが1980年、そしてひと夏を原村の山荘で過ごすようになったのが1988年でした。以来、時間を作っては、原村を拠点に信州のあちこちを訪れ、花、鳥、紅葉などの写真を撮ってきました。

2013年からはデジタル天体写真の世界にもダイブし、原村や富士見町のいくつかの撮影ポイントでちょくちょく写真を撮っています。最初はデジタル一眼レフカメラを三脚に固定し、広角レンズで20〜30秒程度の露出で撮るだけでしたが、2016年夏からはガイド撮影や天体望遠鏡による直焦点撮影などもおこなっています。

もちろん大ベテランから見れば未熟な写真が多いと思いますが、備忘録がわりにアップしていきたいと思います。

撮影機材:光学系その1

ビクセン ED80Sf 80mm/fl=600mm 屈折望遠鏡(ED doublet)

IMG_8427.jpg

接眼部がクレイフォードのため重いカメラを装着するのは厳しいという指摘もありますが、フルサイズの Nikon D810A を付けても問題が発生したことはありません。なお、純正フリップミラーの垂直部分は BORG のアダプタを介し、おなじく BORG のヘリコイドに付け替えました。これにより、カメラと眼視の両方のフォーカスを合わせられます。(※2017年3月以降はESやBORGがメインとなり、ED80Sfはほとんど使わなくなりました)

撮影機材:光学系その2

Celestron C8 203mm/fl=2032mm シュミットカセグレン式反射望遠鏡
タカハシ FC-50 50mm/fl=400mm 屈折望遠鏡(フローライトdoublet)

IMG_8496.jpg

セレストロンのSCTです。接眼部にはボーグのヘリコイドを取り付けています。シュミカセはそのままではコマ収差が大きいため、直焦点での撮影には Starizona SCT Corrector II を用いています。これによりFが6.7と明るくなり、イメージサークル28mm内でコマ収差が大幅に改善されます。

タカハシ FC-50 は主としてガイドスコープに用いていますが、ドロチューブの先に BORG のアダプタを介して2インチ径バレルを取り付けられるようにしてあるので、ときおり直焦点撮影にも使っています。

撮影機材:光学系その3

Explore Scientific FCD100 model 127mm/fl=952mm 屈折望遠鏡(SD triplet)

IMG_8535.jpg

米国の望遠鏡メーカーでは大手の Explore Scientific 社から出ている5インチの三枚玉屈折望遠鏡です(ドイツ Bresser とおなじ下請けメーカーだと思われます)。二枚目のガラス材に Hoya の FCD100 を使用したモデルで、入手時点では日本ではまだ未発売でしたが、総代理店の協栄産業東京店のご厚意により、先行販売という形で購入できました。FCD100 は Ohara S-FPL53 とほぼ同レベルの分散特性を持つとされており、実際に写真撮影および眼視で見る限り、きわめてシャープで色収差の少ない像が得られます。光学性能は申し分なしですが、フォーカサーに課題ありです......。そこで、コスモ工房に依頼して、ドロチューブ端のオスをM57P0.75メスに変換するアダプタを製作してもらいました。それ経由で BORG の回転リングやヘリコイドなどを装着し、鏡筒本体のフォーカサーをいじらなくても焦点をあわせられるようにしました。なお、2018年3月以降は専用レデューサー×0.7を装着して撮影しています。

撮影機材:光学系その4

BORG 100ED 100mm/fl=640mm 屈折望遠鏡(ED doublet)
BORG 76ED 76mm/fl=500mm 屈折望遠鏡(ED doublet)

いずれも中心部はほれぼれするほどシャープですが周辺像が乱れる欠点があるので、マルチフラットナー 7108 またはマルチレデューサー 7870 を装着して用いています。

撮影機材:光学系その5

BORG 55FL + レデューサー7880 55mm/fl=200mm 屈折望遠鏡(フローライト doublet)
BORG 71FL + レデューサー7872 71mm/fl=288mm 屈折望遠鏡(フローライト doublet)

55FLは専用レデューサーとのセットだとF3.6の非常に明るい光学系となります(なしでも 250mm/F4.5)。カメラレンズに比べて「抜け」がいいのですが、ピント合わせがかなりシビアです。カリカリとしたシャープな星像は、他の光学系とは別次元の味わいがあります。シャープさは71FL+専用レデューサーもまったく同様で、抜けるような色はカメラレンズでは味わえません。

ファイル 2018-04-28 0 00 50.jpeg

撮影機材:架台ほか

赤道儀 Celestron Advanced VX + Celestron WiFiモジュール/SkyFi III/SkyWire
赤道儀 SkyWatcher EQM35 pro
赤道儀 ケンコースカイメモRS
赤道儀 ケンコースカイメモS
オートガイダー M-GEN100GSS
カメラ ニコンD810A、D7000(HKRI改造)、D5300(HKIR改造)

Advanced VX のウェイト軸はコスモ工房製の延長軸を取り付けてあります。ES127mm が 10kg ほどあり、カメラなどを付けた状態だとウェイト一個では軸長がギリギリ足りませんでした。延長軸のおかげで二個にする必要がありません。また、Celestron の WiFiモジュールを Amazon.com から個人輸入してAUX端子に取り付けて使っています。そのおかげで iPhone や iPad をリモコン代わりにできます。スマホ/タブレット側の制御ソフトには SkySafari 5 plus を使っています。無料で公開されている SkyPortal は SkySafari の簡易版ですが、データベースに登録されている天体の数が少なすぎますね。SkySafari は有料アプリではありますが、半額セールがときおき実施されるので、そのタイミングを狙って購入すれば高くはありません。なお、Celestron のWiFiモジュールだと 4 stars によるアラインメントしか実行できないため、より汎用的な設定ができる SkyFi III または SkyWire を使うことも多々あります。

天気が急変して大急ぎで撮るときとか、カメラレンズで撮影するときにはポータブルタイプの赤道儀を使っています。スカイメモSが手頃でよかったのですが、低温下では動作パフォーマンスが極端に落ちてしまう問題がありました。現在はスカイメモRSを使うことが多くなっています。これなら BORG 71FL クラスでもノータッチガイドで撮影できます。

IMG_9160.jpg

オートガイダーは協栄産業が取り扱っている M-GEN100GSS を使っています。パソコンが不要で、操作も簡単なので、非常に重宝しています。ガイド鏡は 100mmレンズですが CCD の精度が高く、追尾アルゴリズムが優れているため、Celestron C8 でも完璧なガイド補正を実現してくれています。なお、レンズの先端は 42mm フィルタで保護しています。

カメラの使い分けは、星野撮影やBORG 55FL/71FL/76ED/100EDではフルサイズの D810A を、ES FCD100では主として D5300 を使っています。D5300 はCCDのピッチが最も細密であるため、小さなDSOの撮影に威力を発揮します。広い角度の星野ではフルサイズの D810A が優れもので、レンズは TAMRON A007N 24-70mm/F2.8 を主として使っています。かつてはズームレンズで天体写真を撮るなど考えられないことでしたが、TAMRON の最近のレンズは非常にシャープで、単焦点レンズにまるで劣りません。TAMRON A001N 150-600mm もときおり使っています。なお、D5300 の HKIR 改造は、ハヤタ・カメララボに依頼しました。

更新日: